設備紹介

工場内紹介

昔ながらの木工機から、最新のCAD/CAM、検査表作成システムまで、
効率を追求しつつも職人の技術を活かし使い分けることで機械加工のみでは困難な製作にも対応が可能です。

設備紹介

OKK マシニングセンタVC51

テーブルサイズ 850×510
移動量(X軸:Y軸:Z軸) 720×510×460
鉄系・アルミ部品加工

OKK マシニングセンタVM7Ⅲ

テーブルサイズ 1550×740
樹脂・発泡・ウレタン加工

KIKUKAWA マシニングセンタ
MCF58-1C

テーブルサイズ 1500×2500
移動量(X軸:Y軸:Z軸) 2450×2950×900
樹脂・軽金属加工

レイアウトマシン 2台
 

品質保証のため精度確認を行っています。
短納期の治具、検具に対応できます。

検査表作成システム『IRIS』 2台
※フルバック社と共同開発

レイアウトマシンと直接繋がっており、瞬時にCAD上の数値と検査ポイントとのずれを計算し検査表を作成します。このシステムにより、検査治具の大幅な測定時間の短縮に成功しました。

木工機
 

検査治具の素材作りや、ハンドワークには欠かせない木工機。アナログな木工機が揃っています。

CAD/CAM
 

検具、治具製作にて柱となるのは設計です。当社の3次元CAD・CAMはファイステーションとcimatronEを導入しております。現在受け入れ可能フォーマットはIGES.STEP.DXFに対応しております。

MITSUBISHI ワイヤ放電加工機
DIAX FA10S

テーブルサイズ 500×350
社内でワイヤーカットをしておりますので、短納期、低コストに金具製作できます。

牧野 フライス KE55

テーブルサイズ  800×375
移動量(X軸:Y軸:Z軸) 550×320×350
社内加工により、短納期、低コストに金具製作を実現します。